売買注文のしかた

最低で1枚から取引をする事が出来るから、ある程度軍資金に余裕を持って枚数を決めておいたほうが良いだろう。

10枚買えば証拠金の額も10倍で、損益の額も10倍になるから、ある程度のマイナスを見込んだ額を残しておくようにしましょう。

最初の内に小額の枚数で、証拠金の単価も小額のものを選びましょう。

最後に売買のしかたを指定するぜ。

予め売買する金額を決めておき、その価格になったら売買するのか(指値)、値段を決めないで確定する場合に売買をするのか(成行)決めます。

指値の場合にはいつまでもその価格になるまで待っているのではなく、期限を設けて注文する事になる。

金融と投資 関連情報

五輪後の景気後退懸念から、株式相場はこれまで大幅下落しており、19日時点の上海総合指数は昨年10月の最高値に比べ60%超も下落していた。 生命保険、損害保険会社からは機動的な事業買収や社内再編を行うため、部分譲渡規制の緩和の要望があがっていた。契約者保護の観点に加え、規制緩和は敵対的買収を活発化させかねないとして、金融審内部や一部保険会社には見直しに慎重な声もあるが、金融庁は年度内にも一定の結論を出したい考えだ。 ただ、07年1〜3月期の証拠金に対する取引額の倍率は平均で証拠金の8・5倍だったが、08年1〜3月期には5・7倍へ下がった。 米低所得者向け住宅融資「サブプライムローン」問題による金融機関の経営不振の波が全米に広がり、経営破たんする金融機関が増えている。米連邦預金保険公社(FDIC)は26日に全米の金融機関の不良債権処理にかかった2008年第2四半期の費用が前年同期の4・4倍に膨らんだと発表した。住宅関連融資の焦げ付きなどが要因だ。経営不振の金融機関は、融資を絞り込むため、米景気をさらに冷え込ませる恐れがあるが、世界的な原油や資源高で米経済はインフレ懸念にも直面しており、米金融当局は難しい政策判断を迫られている。